HOME > 社会人として一歩踏み出す

 

社会人として一歩踏み出す

〜ノースアジア大・栄養短大の卒業式を挙行〜


3月17日に、古田記念講堂で、ノースアジア大学・秋田栄養短期大学合同の卒業証書授与式を挙行しました。

式では、小泉健学長が、各学部・短大の代表者に卒業証書を手渡した後、学業で優れた成績を修めた卒業生に対して、理事長賞、学長賞の各賞を贈りました。

小泉学長は告辞で「人生の大部分の時間は仕事です。皆さんには仕事の中に夢を見つけていただきたい。どんな困難があっても決してあきらめず、目標の実現のために努力し続け、人生の成功者になってほしい」と語り、卒業生を激励しました。

続いて、卒業生代表による謝辞では、伊藤槙希さん(ノースアジア大学 経済学部)が「ノースアジア大学に入学して、はっきりと分かったことがあります。それは目の前のことに一生懸命向き合えば、将来はおのずと開かれるということです。日々の講義の積み重ねが将来を切り開いていく力となりました。これからは社会人として、目の前のことに一生懸命に向き合い、一歩一歩進んでいきたいと思います」と、述べました。

式終了後、卒業生たちは、記念撮影をしたり、ゼミナール担当教員を交えて笑顔で語らうなどして、大学生活最後の日を名残惜しそうに過ごしていました。



 
Copyright (c)NORTH ASIA UNIVERSITY. All Rights Reserved